ゲスト打ち合わせ、進行中!

オンラインイベント
zoom打ち合わせの様子

こんにちは! IFSV実行委員の井上です。
こちらのブログでは、イベント準備の様子や考えたことなど、実行委員メンバーが入れ代わり立ち代わりで、気軽にアップしていこうと思います☆

連日の、出演者打ち合わせ

現在、毎日のように出演者の方との打ち合わせを重ねています。それが…なにより刺激的で楽しい♪

今回のイベントの大きな目標の一つは、「フルドームとVR、それぞれの良さを改めて考えてみたい」というもの。しかし、打ち合わせを通じて、その目標設定が早くも崩れてきているのを感じています。あ、もちろん良い意味で、ですよ!!

今回のゲストは、いずれもフルドームやVRの道を切り開いてきたパイオニアと呼ぶに相応しい方々。

彼らの言葉を聞いて感じたのは、やはり彼らがドームとVRとを、それぞれ全く別のメディアとして捉えている、ということ。そして、それぞれの道具の違い以上に、そもそも「なぜ表現をするのか」という問いと向かい合った結果、選ぶ表現手段も自ずと決まってくる、と。

そこで、冒頭の話に戻るわけです。

VRやフルドームの共通点や相違点、それぞれの強み/弱みなどを考えることはもちろん必要。でも、出演者の方たちの言葉を聞きながら考えるうち、やっぱり自分はどんなことを目指したいのか、っていう、より根本的な問いが、自分に返ってくるように感じるのです。

今こそ振り返って…。

今回のオンラインミーティング、ぜひともドームやVRに関わるすべての人に見ていただきたいです。

フルドームやVRのパイオニアの方たちが、どんな考えを持ってどんな選択をしてきたのか。そして今後をどう見据えるか。
彼らの言葉は、自分自身でチャレンジし続けてきた経験に裏打ちされていて、一つ一つ説得力が合って刺激的。それでいて、各人まるで目の付け所が違う、というのも面白いところ。

いろんな切り口からの意見を聞くことは、やっぱり自分自身の考え方を見直すのにも役に立ちます。

コロナ禍で一度立ち止まった今、しっかり足元を見て、それから前を見据えるために、ぜひ一緒に語り合いましょう!

タイトルとURLをコピーしました