VRChat体験、まもなく始動!

Interplanetary Cruise Ship — by S_ASAGIRIVRChat
Interplanetary Cruise Ship — by S_ASAGIRI

こんばんは。井上です。今夜も先程まで打ち合わせをしていました。そのことを、こちらのブログでもちょっとご紹介。

VRChat体験 打ち合わせ実施

今夜は、始動前の最終段階の確認をあれこれとすることができました。あすには、おそらく初期準備の諸々をいちおう完了できると思います。よっしゃっ!

いよいよ始動へ!

今回の「VRChat体験」企画では、参加者の皆さんを、まずは専用Slackワークスペースへ招待し、そこでコミュニケーションを取っていきながら事前準備を進めていくこととなります。
その段取りの最終確認も無事終了し、いよいよ動き始めるところまでやってきました。

申込みいただいた方、おそらく締切日の3/5よりも前に、最初のご連絡を差し上げますので、いましばらくお待ち下さいね。

知られざる”可能性の宝庫” の予感

ところで、案内役をお願いしている三田村さんが、今夜の打ち合わせの中で、チラッと「VRChat上に、大体のコンテンツはあるので…」なんて言ってたのですが、それも、多くの人がまだ知らない、VRChatの感動的な魅力の一つですよね!! 有志の方たちが、一つ一つ積み上げてきたもの。量と質の両面で、ほんとうに圧倒される思いです。

そしてまた、VRという形式も、ただ新しいだけじゃなく、これまでの他のメディアにはない重要な強みがあることも、だんだん実感してきました。それは、みずからがその世界に入り込み、自分で動いて体験できる、ということ。

ロケットの打ち上げとか、深宇宙の世界とか、素晴らしいクオリティで描かれた3DCGのバーチャル空間を、見るだけじゃなくて自分で動き回って体験できる、というのは、ある意味ドーム映像を超えた宇宙体験とも言えそうです。

さらに言えば、VRChatは、バーチャル空間で他の人といっしょに、おなじものを体験できる、というのも見逃せないポイントです。シアター体験にも似た「体験の共有」が、VRの世界でも、いつの間にかこんなに進化していたなんて、知りませんでした。

これからの「体験型の宇宙教育」には欠かせないものになっていくはず、ということを確信しましたし、まずは自分自身、そういった宇宙コンテンツを、どっぷりと楽しんでみたい♪

VRChat体験、プライバシーにも配慮してます☆

今回のVRChat体験、申込時にお名前などはお伺いしていますが、参加者同士、あるいはYouTubeライブの配信時などは、ニックネームのみでも参加可能です。申込みいただいた方のプライバシーは配慮しながら進めていただけるようにしますので、その点はご安心ください☆

これまでに応募いただいた方の過半数は、VRChatほぼ未体験とのこと。

そういった初心者の方に歩調を合わせつつ、参加いただいたメンバー同士でも互いに状況報告したりしながら、VRChatの可能性をしっかり実感していただけるご案内コースをご用意できれば、と思っています。(あ、正確に言うと、私自身は案内をしていただくのを楽しみにしている、超初心者の一人ですので、あしからず^^)

身バレが気になって応募を躊躇している人も大丈夫ですので、興味があれば、ぜひお早めに^^

★VRChat体験、申込みは↓こちら↓から★

VRChat 体験 @【国際科学映像祭】IFSV OnlineMeeting2021 -Fulldome meets VR-
This online event will be conducted only in Japanese. 今年度の国際科学映像祭は、従来型のドームフェスタに代えて、オンライン形式... powered by Peatix : More than a ticket.

タイトルとURLをコピーしました