国際科学映像祭とは

2009年のプレイベントを経て2010年に立ち上げられた、日本を拠点とする科学映像の祭典です。科学映像の発展を通じて、科学文化の形成に寄与することを目指しています。 近年の映像技術の進化により、新たな映像表現の可能性がますます広がっています。

その中で、本映像祭ではドーム映像関連分野に主軸を置き、時代をリードする様々な活動を展開しています。特に映像祭のメインイベントである「ドームフェスタ」は世界的な注目も高く、国内外から選りすぐりのドーム映像作品が集まるほか、映像制作のトップクリエイターから新規参入のかたたち、そしてドーム映像ファンまで、幅広い参加者の気軽で活発な交流の場ともなっています。

「第10回国際科学映像祭」開催概要

日程 トークセッション ⇒終了しました2019年9月 1日(日)
ドームフェスタ2020年2月16日(日)-18日(火)
場所ギャラクシティ 
対象 科学映像/ドーム映像に興味を持つ全ての人々
主催 国際科学映像祭実行委員会ギャラクシティ(東京都足立区)
後援(予定)自然科学研究機構 国立天文台(NAOJ)日本プラネタリウム協議会(JPA)

実行委員会

実行委員長
田部一志(株式会社リブラ)
実行委員
  • 井上 拓己(山梨県立八ヶ岳少年自然の家)
  • 鳫  宏道(元平塚市博物館)
  • 小林 善紹(雑貨団)
  • 佐藤 千佳(株式会社五藤光学研究所)
  • 佐野真由美
  • 高野美南海(株式会社アストロアーツ)
  • 高幣 俊之(株式会社オリハルコンテクノロジーズ)
  • 豊田 哲也(株式会社アストロアーツ)
  • 平井 明 (コニカミノルタプラネタリウム株式会社)
  • 広橋 勝 (Astrolab)
  • 三浦 昭 (宇宙科学研究所)
  • (50音順)

ドームフェスタ

日程

2020年2月16日(日)~ 2月18日(火)

会場

Google Map

  • ギャラクシティまるちたいけんドーム他
  • 〒123-0842 東京都足立区栗原1丁目3−1
  • 東武スカイツリーライン西新井駅下車、東口から徒歩3分

参加方法

ドーム映像や関連する技術等に興味のある方ならどなたでも参加できます

  1. ドーム映像作品を鑑賞したい、あるいはドーム映像表現の最前線に触れてみたい方 ⇒ 「当日の参加」へ
  2. ショートフィルムコンテストに応募したい方 ⇒ 「ショートフィルムコンテスト」へ
  3. ドーム映像作品を出展したい方 ⇒ 「長編作品上映」へ
  4. プレゼンテーションを希望する方 ⇒ 「プレゼンテーション」へ
  5. ブース出展を希望する方 ⇒ 「ブース出展」へ
  6. 参加にあたってご不明な点がある方 ⇒ 「よくある質問」へ

    作品応募・出展等に関して不明な点がある方 ⇒ 「登壇者向けFAQへ」へ



当日の参加

ドーム映像に興味を持つ全ての人々が参加できます


定員: 150名
入場券: 4,000円(予定)
情報交換会: 5,000円(予定)

購入サイトについては後日お知らせいたします

ドームフェスタへの作品・プレゼン・ブース出展への応募

フルドーム映像作品は、ドームマスターまたはエクイレクタングラー形式での上映が可能です。仕様についての詳細は、募集要項をご覧ください。

エクレクタングラー形式での提出をお考えの方は、こちらをご覧ください。

出展全般に関するよくある質問は、こちらをご覧ください。



ショートフィルムコンテスト

ドーム映像の短編作品(10分以内)を募集します。テーマは、科学に限りません。
自由な発想で、ドーム映像作品にチャレンジしてみてください。(10分を超える作品は応募できません)

募集要項はこちら


2020年1月15日締切

*申し込み多数の場合には選考を行うことがあります。



長編作品上映

科学性、クオリティ、完成度の高い長編ドーム映像作品を募集します。
全てのクリエーターにとって参考となる、科学性、クオリティ、完成度の高い作品、
挑戦的な試み、新しい制作技術が含まれていることが望まれます。

募集要項はこちら

2019年11月30日締切

*申し込み多数の場合には選考を行うことがあります。



プレゼンテーション

ドーム映像制作に関する事例発表、研究開発報告、制作報告、新規技術などの講演を募集します。
発表枠内であればトレーラー等の上映も可能です。

募集要項はこちら

2020年1月15日締切

*申し込み多数の場合には選考を行うことがあります。



ブース出展

ドーム映像関連の技術・機器・作品等を紹介するブース出展を募集します。
1区画は長机1台程度のスペースとなります。

募集要項はこちら


受付予定期間:2019年12月1日~2020年1月15日
(または、定数になり次第締切)

*協賛金(1万円)のご協力をお願いしています。
ブース出展にかかわる諸経費にあてさせていただきます。

【終了】2019年9月1日開催 国際科学映像祭トークセッション 〜ドームシアターは可能か?〜

趣旨

ドーム映像の中のいろいろな分野で活躍する代表的な6名の方に、自らがどのようにドームの世界へ誘われ、 この世界に定着するようになったのか?そして、現在の活動と今後の方向性について語っていただく、 そして、今後ドームがどのような方向に進展するべきか、期待と希望と予測を交え、来場者とも議論ができる ことを目指します。

タイムテーブル

13:00-13:15開催挨拶と趣旨説明田部一志(国際科学映像祭実行委員長)
13:15-13:45DomeVJ浅田真理
13:45-14:15アート飯田将茂
14:15-14:45演劇小林善紹
14:45-14:55休憩
14:55-15:25生解説井内麻友美
15:25-15:55映像制作広橋勝
15:55-16:25技術高幣俊之
16:25-16:35休憩
16:35-17:45フリートークコミュニティ創生のためのアクションプラン
18:00-20:00情報交換会(自由参加)

講師紹介

浅田真理

準備中

飯田将茂

映像作家。玉川大学芸術学部非常勤講師。国内外のプラネタリウムで身体性をテーマとしたドーム映像作品を発表。2019年、舞踏家の最上和子主演「HIRUKO」を発表。次回上映8/18(日)、9/16(月・祝)@ギャラクシティ。

小林善紹

準備中

井内麻友美

準備中

広橋勝

プラネタリウム番組制作者。4半世紀にわたり、プラネタリウム番組のプロデュース、 脚本、演出、CG、編集、装填などあらゆる工程に携わる。

高幣俊之

準備中

お問い合わせ

Page top