「ドーム映像制作・演出ワークショップ」参加申し込み受付中

ワークショップ

国際科学映像祭

International Festival of Science Visualization

国際科学映像祭とは

2009年のプレイベントを経て2010年に立ち上げられた、日本を拠点とする科学映像の祭典です。科学映像の発展を通じて、科学文化の形成に寄与することを目指しています。
近年の映像技術の進化により、新たな映像表現の可能性がますます広がっています。その中で、本映像祭ではドーム映像関連分野に主軸を置き、時代をリードする様々な活動を展開しています。
特に映像祭のメインイベントである「ドームフェスタ」は世界的な注目も高く、国内外から選りすぐりのドーム映像作品が集まるほか、映像制作のトップクリエイターから新規参入のかたたち、そしてドーム映像ファンまで、幅広い参加者の気軽で活発な交流の場ともなっています。

開催概要

日  程
2018年9月1日(土)[ドーム映像制作・演出ワークショップ]
2019年2月17日(日)~ 2月19日(火)[ドームフェスタ]
会  場
ギャラクシティまるちたいけんドーム他
参加資格
科学映像/ドーム映像に興味を持つ全ての人々
主  催
国際科学映像祭実行委員会
ギャラクシティ(東京都足立区)
後  援
自然科学研究機構 国立天文台(NAOJ)
日本プラネタリウム協議会(JPA)
 
    

パートナー

主催

国際科学映像祭

共催

ギャラクシティ

後援

自然科学研究機構国立天文台
日本プラネタリウム協議会

実行委員会

実行委員長:
田部一志(株式会社リブラ)
事務局長:
波田野聡美(Asterisk/国立天文台)
実行委員:
  • 井上 拓己(山梨県立科学館)
  • 岡田沙友理(ギャラクシティ)
  • 鳫  宏道(平塚市博物館)
  • 鬼嶋 清美(株式会社五藤光学研究所)
  • 小林 善紹(雑貨団)
  • 佐藤 千佳(株式会社五藤光学研究所)
  • 佐野真由美(藤沢市湘南台文化センターこども館)
  • 高幣 俊之(株式会社オリハルコンテクノロジーズ)
  • 豊田 哲也(株式会社アストロアーツ)
  • 成澤 直 (コニカミノルタプラネタリウム株式会社)
  • 日出奈緒子(コニカミノルタプラネタリウム株式会社)
  • 平井 明 (コニカミノルタプラネタリウム株式会社)
  • 広橋 勝 (合同会社スターライトスタジオ)
  • 三浦 昭 (宇宙科学研究所)
  • (50音順)

ドーム映像制作ワークショップ
~RICOH THETAを使った撮影・カメラワーク演習~

ドーム映像制作を志す方、これから携わろうとする方向けのワークショップを開催 いたします。
※PC等の必要機材・アプリケーションがありますのでご注意ください

概要

参加資格
ドーム映像制作にチャレンジしたい学生、クリエイター等
会場
ギャラクシティ
日程
2018年9月1日(土)14:00~20:30
申込期間
2018年8月14日(水)~ 8月29日(水)
 ※定員になり次第締め切り
講師
山本 勝也(株式会社リコー)、上坂 浩光(有限会社ライブ)
 
※講師紹介はこちら
定員
40名
必要携行品
ノートパソコン、スマートフォン
必要なアプリケーションをインストール・動作確認済みのこと
RICOH THETA(一部貸し出しもあり)
参加費
一般 4,000円  学生 2,000円
情報交換会会費
4,000円
【注】必要なアプリケーション
・動画編集ソフト(エクイレクダングラー形式対応)
例:Adobe Premiere CC/FinalCutProX など
THETA関連アプリ

※使用方法はお教えしません。ご自身で動作確認の上、ご来場ください。

会場案内

ギャラクシティ

Google Map

<情報交換会会場>
いろり家 西新井店

スケジュール

※都合により一部変更となることがあります

13:30-14:00
受付
14:00-14:05
開会挨拶・講師紹介
14:05-15:15
講義
17:10-18:10
ハンズオン実習
※ミニドームを使って、試写ができます
18:15-19:30
ミニドームにて上映会およびディスカッション
19:40-20:30
まるちたいけんドームにて上映会
20:40-22:40
情報交換会(希望者のみ)

講師紹介

山本 勝也 氏(株式会社 リコー)
現在は、株式会社リコー Smart Vision 事業本部 カメラ事業部 商品企画部に所属。 商品企画歴は1 年半程度、他社経歴含め20年ほどデジタルカメラ系のファームウェア技術者を務めている。都市部でも星の光跡写真が 撮影できるインターバル合成機能の提案者。以後、自社公式作例撮影・各種記事執筆・ワークショップ講師等も務め、THETA 系につい ても星空作例提供や撮影講師を勤める。日本星景写真協会 正会員。フォトマスターEX。 
上坂 浩光 氏(有限会社 ライブ)
イラストレーター、アニメーターなど手書きの映像制作を経歴の出発点とするが、CG 黎明期のころから、独自に3Dソフトウェアーを開発し、CG映像制作を行ってきた。 1997 年有限会社ライブを設立。CM、ゲーム映像、フルドーム映像など、その制作分野は多岐に渡る。2009 年、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還を描いた『HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-』は、全国のプラネタリウムで上映さ れ大ヒット。数々の賞に輝いた。その後も数々のフルドーム映像作品を制作している。

参加申し込み方法

こちらのサイトからお申し込みください。
2018年8月29日(水)まで

参加申し込み

「領収書」は、チケット販売サイトで取得できます。領収書取得方法はこちら

ドームフェスタ

日程

2019年2月17日(日)~ 2月19日(火)

開催あいさつ

 国際科学映像祭ドームフェスタは2010年にスタートし、今年で8回目を迎えます。8年前と比べると、現在はPCの性能や様々なアプリの充実により、ドーム映像の制作が容易になっているように思われます。  第8回のドームフェスタでは、クリエーターの視点に立ち、「長編作品の上映」、「ショートフィルムコンテスト」、関連する分野の「プレゼンテーション」、さらに実行委員会企画の「ドームイベント」を揃えて皆様の参加をお待ちしております。長編作品の上映には、制作者による制作意図のプレゼンテーションを聞くことができます。  多くの方が科学映像やドーム映像の制作に果敢に挑戦し、観覧をもっと気軽に楽しむことのできる時代の到来を期待しております。そして、ドームフェスタに参加して成果を発表しつつ楽しんで、さらに有意義な議論を行い、見分を広めていただければと思います。

実行委員長 田部一志
2017年11月1日

会場

ギャラクシティ

Google Map

当日の参加

ドーム映像に興味を持つ全ての人々が参加できます

定員:
150名
入場券:
4,000円(予定)
情報交換会会費:
5,000円(予定)

【参考】昨年のドームフェスタについてはこちら

Contact us